高気密・高断熱+ZEH対応の家づくり

高気密・高断熱+ZEH対応の家づくり

この度、甲田建設は「ZEH(ゼッチ)ビルダー」に登録が決定いたしました!
高気密・高断熱の家づくりを合わせて、更に過ごしやすく快適な家を
皆さまにご提供するための一歩となりました。

しかし、「ZEH」「高気密・高断熱」と言われても、いまいちピンと来ない方も多いかもしれません。
そこで甲田建設の家づくりの基本である
高気密・高断熱の家」と「ZEH」について、ここでご説明いたします。

これから家を建てようと思っている方に、住宅業界で話題のこの2つについて深く知っていただき、
また甲田建設の家づくりについても知っていただける機会になればと思います。

高気密・高断熱の住宅とは?

高気密・高断熱の住宅とは、断熱材やサッシを駆使し、家の外からの冷たい空気を入れ込まず、家の中の暖かい空気を外に出さないように施工した家のことです。

メリット
●光熱費の節約
夏・冬共に、エアコンや暖房で快適になった室内の空気を逃さず、外の空気を入れ込まないので、冷暖房費の負担が少なく、光熱費が節約できます。

●快適性
空気の循環が良いので冷暖房の効きが良く、少しの暖かい空気で部屋全体がむらなく暖かくなります。
どの季節にどの部屋でも、快適にお過ごしいただくことができます。

●きれいな空気
結露がほとんどないのでカビの発生が抑えられ、また高気密により換気システムが有効に働き、室内の空気の汚染がありません。


スーパーウォール工法

高断熱・高気密・高耐震なスーパーウォール工法

スーパーウォールの家は、住まいの本質を極め、これからの時代に求められる環境と人に優しい住宅性能を追求しています。
高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。
上記にある高気密・高断熱の住宅のメリットに加え、建築基準法の1.5倍の耐震等級3相当の設計が可能。
快適・健康・安心・省エネという観点から、暮らしの質を高め、その違いを実感していただける家づくりの工法です。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは?

ZEHとは、住宅が年間で使用する一次エネルギー消費量を「住宅の躯体・設備の省エネ性向上」「太陽光発電などによる創エネ」を組み合わせてその収支を正味(ネット)でゼロ以下とする住宅のことです。
ZEH
高気密・高断熱で施工した家は冷暖房のめぐりが良く、省エネに繋がります。
さらにそこに太陽発電パネルなどを設置し、創エネをすることによって、住宅で消費するエネルギーが正味(ネット)でゼロになります。

ゼロエネルギー住宅の大きな魅力は、光熱費ゼロの暮らしにあります。
住まい方や地域などによっては光熱費がかかる場合もありますが、大幅に削減できることは確かです。
太陽光や風など自然の恵みを生かして、豊かな四季を感じられる、快適かつ心地よい住まいを目指していきましょう。


ZEHビルダー

ZEHビルダー登録
日本では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
経済産業省では、ゼロエネルギー住宅を建築するビルダーを登録して、ゼロエネルギーハウスの普及に取り組んでいます。
この事業では、ゼロエネルギー住宅を新築しようとするお客様に補助金を活用することができます。
お客様により良い家づくりのご提案をするため、甲田建設はZEHビルダーに登録をいたしました。

甲田建設は2020年に向けて新築住宅の50%以上をZEH仕様にする数値目標を掲げ普及に努めてまいります。

平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
ZEH受託率 4% 7% 25% 40% 50%